とにかくお洒落!そして美味しい「ソーマ チョコレートメーカー」バラのトリュフの虜になった!

シェアする

SOMA chocolatemaker(ソーマ チョコレートメーカー)

SOMA chocolatemakerソーマ チョコレートメーカー)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

ソーマ チョコレートメーカーとは?

カナダ トロントで一番おいしいチョコレート!の呼び声高い「SOMA chocolatemaker」は2003年創業のショコラトリー。

小さなウイスキー蒸留所を改装してオープンしたんだとか。

カナダのブランドとしてはかなり珍しい、ビーントゥバーという製造方法を採用しており、オーナーが世界各国から厳選したカカオ豆を使い、一からチョコレート作りを行っています。

トロントのお店はアトリエも併設になっていて、製造工程を見ることができるそう。
高級なチョコレートではありますが、ショップでは、袋にざくざくと入った焼き菓子や、大きなマンディアンなど、さまざまな商品が並びます。

SOMA chocolatemaker(ソーマ チョコレートメーカー)

ハンドメイドチョコレートを思わせる梱包素材の素朴さも魅力?

ソーマ チョコレートメーカー おすすめ商品

マイクロバッチ(板チョコ)

ソーマ チョコレートメーカーが創業当初から力を入れて作っている、少量生産のカカオ豆を、単一産地で作った板チョコのシリーズ。

味ももちろんのこと、お花やカカオの実、トロントの地図など、さまざまなモチーフのモールド(型)と、お洒落なパッケージデザインは唯一無二。

メルトウエイ

愛の象徴であるバラ、そして古代の愛の果実と呼ばれるザクロが使われたトリュフ。

ソーマチョコレートメーカー 高島屋限定 メルトウエイ

(それぞれ2個づつ入っているのは、恋人同士で楽しむためだそうです)

バラのトリュフ

ローズオイルが使われた一粒は、まるでブルガリアンローズのローズウォーターをミストでふりかけられたような華やかな香り。

ザクロのトリュフ

シュガーパウダーが振りかけられたザクロ。

こちらを先に食べた方がざくろの繊細な香りは感じやすいかも。
逆にローズから食べれば、こちらの甘さと酸味のバランスは引き立つし。そんなことを考えながら食べるのも楽しいです。

バラのトリュフ

またその他、アマレッティやバーチディダマなどのクッキー、そして、トロントのお店ではジェラートや、ホットチョコレートなどを味わうこともできます!

今回写真でご紹介したのは限定の商品でしたが、この他、定番のアイテムからすべて、SOMAらしい洗練されたパッケージデザイン。

個人的には、これはやっぱり女性に、しかも、食べることが大好きな女の子に贈りたいです。

ソーマ チョコレートメーカー 原材料名 例

カカオマス、砂糖、ココアバター、ココナッツオイル、ローズオイル、ざくろ果汁、ココアパウダー、粉糖、乳化剤(大豆由来)

SOMA chocolatemaker(ソーマ チョコレートメーカー)

ソーマ チョコレートメーカー 店舗&通販情報

本店はカナダトロントに。

残念ながら日本に店舗はありませんが、バレンタインシーズン(1月~2月14日)あたりに、デパートの催事や通販サイトでGET出来る可能性があります!

やじるし高島屋バレンタイン お取り寄せページ

スポンサーリンク