【チョコレート用語集】ボンボンショコラとは?

シェアする

ピエールマルコリーニ アソート BOX

このページでは、「ボンボン/ボンボンショコラ」の意味を解説します。

「ボンボン」とは、「一口サイズの砂糖菓子」の意味で、チョコレート業界では「中にフィリング(詰め物)が入った一口サイズのチョコレート」の事を指します。

シーソルト ダークキャラメル トリュフ ブルーハート

生チョコレートを丸く成型してチョコでコーティングした「トリュフ」も、「ボンボンショコラ」のうちの1種類。

広義に解釈すると、ローストしたアーモンドをコーティングした「アマンドショコラ」や、同じくオレンジピールをコーティングした「オランジェット」もボンボンショコラに分類されます。

スポンサーリンク

ボンボンショコラの作り方(種類)

フィリング(詰め物)が入ったボンボンショコラ。その作り方、種類、構造は大きく2つに大別されます。

ベルギー式(シェルチョコレート)

主にベルギーで多く用いられている製造方法。

型に液状のチョコレートを流しいれ、反転させ中央部の液を落とし外殻を作った後、クリームなどを詰め、チョコで蓋をします。

サマーバードオーガニック ボンボン 種類

外側のチョコレート生地が厚めに仕上がるため、中身だけでなくチョコレート生地をより楽しむ事が出来ます。

フランス式(エンローバーチョコレート)

フランスなどで多く用いられているのが、チョコレート液を流しかけ、薄くコーティングして仕上げる製造方法。

ジャックジュナン チョコ レシピ
*写真は「ジャックジュナン」の工房にて。

手動でかける場合もありますが、多くは、金網の上に中身になるガナッシュやビスケットなどを乗せて、横に移動するコンベアーを使って仕上げます。

チョコレートのコーティングが薄く、繊細な味わい。中身とのマリアージュを楽しみます。

Le Chocolat Alain Ducasse ボンボンショコラ
*写真はバスティーユにあるル・ショコラ・アランデュカスにて。

ボンボンショコラの中身

代表的な、フィリング(詰め物)をいくつかご紹介します。

ガナッシュ

チョコレート生地と生クリームをベースにした、滑らかなクリーム「ガナッシュ」。

ジャックジュナン チョコレート工房

大理石の上で温度を上げずに仕上げていきます。

ジャックジュナン スタッフ

プラリネ

アーモンドやヘーゼルナッツと焦がしキャラメルを混ぜペースト状にした「プラリネ」。

和のプラリネ 断面図

キャラメル

砂糖、生クリームなどを煮詰めて仕上げたもの。塩を加えたものも人気。

シーソルト ダークキャラメル トリュフ ブルーハート

このほか、ローストしないアーモンドと砂糖のペースト「マジパン」や、カカオの代わりにヘーゼルナッツを使った「ジャンドゥヤ」、「ヌガー」「フォンダン」なども中身としてよく使われます。

ボンボンショコラの歴史

一口サイズのチョコレート(ボンボンショコラ=プラリーヌ)を発明したのは、ベルギーの老舗「ノイハウス」の3代目ジャン ノイハウス。前述の「シェルチョコレート」の製法を開発しました。

ノイハウス プラリーヌ モールド型

ノイハウス プラリーヌ モールド型
*写真はブリュッセルのチョコレート博物館に飾られていた、古いノイハウスのモールド。

ノイハウスはチョコレート専用の箱「バロタン」を発明したメゾンとしても有名です。

ブリュッセル ノイハウス 店舗

写真&文章:グルメライターケイ

スポンサーリンク