石臼で作るチョコレート!岡山「issai」に行ってきました。

シェアする

岡山 矢掛町「イッサイ」の板チョコ 試食の様子

岡山 矢掛町「イッサイ」の外観

岡山の奥座敷 矢掛町という、とても雰囲気の良いエリアに、ちょっと変わったチョコレートショップがあります。

なんとこちら、石臼を使ってカカオ豆を挽き、チョコレートを作っているんだとか!

…というワケでこのページでは、そんな珍しいショコラトリー「issaiイッサイ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

お店の訪問レポもありますので、ぜひ最後までご覧ください♪

スポンサーリンク

issai(イッサイ)とは?

イッサイは、カカオ豆専用の石臼「ショコラミル」(写真下)を使って作られたチョコレートを販売するビーントゥバー*ショコラトリーです。

ビーントゥバーとは…「原料であるカカオ豆の選定から自社で一貫して行う」という製法

2018年11月のプレオープン期間を経て、2019年グランドオープンしました。

ショコラミルプロジェクトについて

実はこの「ショコラミル」、世界のチョコレート研究第一人者である広島大学名誉教授 佐藤清隆氏をリーダーとする「ショコラミルプロジェクト」から生まれたもの。

カカオ専用石臼「ショコラミル」

「ショコラミルとカカオで世界に健康と幸せを。」をコンセプトに、佐藤氏の他、(有)石の三徳の藤堂さん、La Chocolaterie NANAIROの西森シェフなどもそのメンバー。

そして「イッサイ」は、ショコラミルの製造責任者(Product Manager)井上石材(有)のある矢掛町にオープンしています。

issai(イッサイ) おすすめ商品

ライターの個人的なおすすめ商品たち。

矢掛町「issai」で買ったモノ

ピュアチョコレート(板チョコ)

石挽きチョコレートをダイレクトに楽しめるタブレット(板チョコ)は、カカオ豆の産地ごとに数種類用意されています。

イッサイのビーントゥバー タブレット

いずれも単一産地(シングルビーン)で作られているので、国ごとのカカオの味の特徴を比較できてとても面白い!

イッサイのピュアチョコレート

丸く、特徴的なモールド(型)は、パリッと小さく割りやすい親切設計。

お店ではすべて試食できるので、お好きなものをGETしてね♪

私は、全種類試食後に「Togo」と「Colombia」をチョイスしました。
(どのブランドでも、結果、コロンビアの選んじゃうんですよね…酸味のあるのが好きみたいですわたし。)

カップショコラショー

中身はピュアチョコレートと同じもの…なのですが、ショコラショーホットチョコレート)用に、カップ型のチョコに木のスプーンが刺さった形状になった「カップショコラショー」もおすすめです。

カップショコラショー

温めたミルクの中で、カップショコラショーをクルクル…。

私は、少なめのミルクにして、本場のショコラショーよろしく、トロリ濃い目でいただくのが好きです。

issai カップショコラショー

ちょっとキノコっぽい発酵臭や強めの酸味…ビーントゥバーらしい特徴的な味が好ましい!

カカオニブ

ショコラミルとは関係ないのですが、カカオ豆からチョコ作りをしているお店ならではの商品「カカオニブ」もおすすめ。

カカオニブは、焙煎したカカオ豆を砕いたモノ。

試験管入りカカオニブ

袋入りのプロダクトのありますが、少量タイプは写真のように試験管に入って売られています。お洒落~。

試験管入りカカオニブ

スーパーフードとしても近年注目されているカカオ豆ですから、美容食にもなっちゃう?!

ポリポリとそのまま食べても良し。

カカオニブ入りクッキー

イッサイの商品の真似をして、カカオニブがトッピングされたクッキーを自作しても良し!


このほかのプロダクトについては、お店訪問レポ↓でも紹介していますので、併せてチェックを。

issai(イッサイ) 原材料名 例

ピュアチョコレート
カカオ豆、和三盆(香川県産)

カカオニブクッキー
カカオニブ、砂糖、小麦粉、卵、バター、ベーキングパウダー

issai(イッサイ)店舗&通販(お取り寄せ)情報

住所:〒714-1201 岡山県小田郡矢掛町矢掛3074-1(グーグルマップで開く
営業時間:12時00分~17時00分(土日のみの営業)

営業時間等は変更の可能性がありますので、都度、公式サイトや電話での問い合わせ後、お出かけくださいませ!

www.ishiyamayuen.jp/

お取り寄せに関しては、今のところ対応されていないようです。

岡山矢掛町「イッサイ」に行ってきました!

…というワケで、変わり種チョコレートショップ「イッサイ」へ。

結構な田舎(失礼!)にありますので、ちょっとした小旅行気分…。ワクワクしながら出発です。

井原鉄道

岡山駅からは、JR伯備線を使って「清音」駅へ。そしてそこからローカル線「井原鉄道」に乗り換え「矢掛」駅に向かいます。

井原鉄道 矢掛駅

井原鉄道ももちろん、矢掛駅の雰囲気もまた素敵!

井原鉄道 矢掛駅

地方のビーントゥバーを訪ねると、こういった周辺エリアもその文化の1つとして丸ごと楽しめるから好きなんですよね…。

さて、駅から徒歩10分くらいで、「イッサイ」に到着しました。
「やかげ郷土美術館」という特徴的な建物のすぐそばなので、わかりやすいかと思います。

岡山 矢掛町「イッサイ」の外観

店頭には、石材店を思わせる石のオブジェがありますので、そちらも目印に。

issaiの看板

店内は、小さいショップながら、大きく取られた窓と、清潔な内装のおかげで、居心地がよい雰囲気。

手前に簡単なイートインスペース、

矢掛町「issai」のイートインスペース

そして左手にガラス張りのチョコレートアトリエ、

矢掛町「issai」のアトリエ

レジを兼ねたカウンターを通り過ぎ奥に行くと、

矢掛町「issai」の店内の様子

物販スペースがありました。

矢掛町「イッサイ」の商品一覧

中央には、石材をイメージした、一辺が一才(石の単位=才)の記念碑的オブジェがドーンと鎮座しています。

「イッサイ」という店名は石材の単位が由来だったんですね!なるほど。

「イッサイ」チョコレートの塊

さて、その周りには、おすすめ商品でもご紹介したカカオニブ、

試験管入り カカオ

それから砕く前のカカオ豆(ローストカカオ)、

issaiのカカオ豆

試験管入りカカオニブ

粗挽きカカオスティック、

焼きカカオスティック

それからもちろん、主力商品であるピュアチョコレート(板チョコ)などが並んでいます。

岡山 矢掛町「イッサイ」の板チョコ 試食の様子

この日は私以外にもお客さんが数名いらして、皆さん、ワイワイと試食しながら「あ、これ美味しい!」と、カゴに追加する手が止まらない様子。

私も好みの味をGETし、レジへ…

イッサイのイートインメニュー

季節外れの猛暑日だったこともあり、ついでにアイスカカオティーもオーダーして、イートインスペースでいただきました。

カカオティー

余談ですが、イートインのテーブルや椅子まで石で出来ています。
ひんやりとした感触を楽しみつつ、チョコレート味のさっぱりドリンクを堪能。(カカオティーが気に入った方は、お買い物も可能↓ですので、ぜひご自宅でも。)

カカオニブ入りクッキー

「お?なんだこの店は?」と楽し気な表情の通り人を眺めながら、「遠かったけど、来てよかったな」とホッコリした気分でお店を後にしました。

前述しましたが、やーっぱり、「ローカルチョコ」って周辺エリア丸ごとがその面白さなんですね。

また行きたい!

スポンサーリンク